じゅうたんの選び方の基準

自宅に敷くじゅうたんを購入する際にどういう基準で選ぶのがベストでしょうか。自宅の部屋の雰囲気にあった柄や色を選ぶのも大切ですが自宅の仕様に合っていないと色や柄が気に入っていても使用する事が出来ません。例えば置きたい場所のサイズを測ることは必須です。サイズが合わないと意味がありません。そして自宅が床暖房の家では床暖房の上に敷いて問題ないかを確認する必要があります。商品によっては少しでも熱が伝わると劣化してしまう物もあります。また洗濯、ドライクリーニングが可能な商品とそうでない商品があります。洗濯できるものであれば家での洗濯方法、もし出来ない商品であればお手入れ方法をあらかじめ確認する必要があります。通販カタログの絨毯であれば問い合わせ窓口がありますし、店頭で選ぶ場合には店員さんに色々聞いてみたりタグをチェックしたらいいでしょう。

子ども部屋のカーペット(じゅうたん)選び

我が家は近々カーペット(じゅうたん)を購入する予定です。子ども部屋のカーペットを購入したいと思っているのですが、色とデザインで悩み中です。今まで子ども部屋には、カラフルなプレイマットを敷いていました。柔らかい素材でできている、赤ちゃんが転んでも平気なマットです。さすがに、もう子どもたちも大きくなってきたので、小学校入学を機にカーペットへと変更することにしました。子ども部屋といえども、シンプルなイメージにしたいので、基本的には無地のカーペットにしようとおもっています。色味は、汚れが目立たないように茶系を選ぼうか、部屋の明るさを保つためにホワイト系にしようかを悩み中です。小学生と言っても、まだまだお菓子やジュースの食べこぼしはあるとおもうので、若干茶色に心が傾いていますが、もう少し考えてから春までには決定する予定です。

じゅうたんを変えて模様替えを楽しみましょう

部屋を模様替えすることはとても楽しいです。家具の場所を移動したり、新しいアイテムを取り入れたりすることで部屋の印象がガラリと変化を遂げます。気持ちも一新し、良い気分転換になるでしょう。お洒落な家具のお店をまわったり、カタログや雑誌を見ながら想像を膨らませるのも楽しいです。特に、フローリングはじゅうたんを敷くだけで全くと言っても良いほど変わります。落ち着いた部屋がピンクや黄色のカラフルなじゅうたんによって、ポップなトーンになったりします。飽きたらまた元に戻せば大丈夫です。季節ごとにじゅうたんを変えることもオススメです。冬などは暖色系でふわふわとした物だと視覚から暖まります。夏は畳のような敷物だと通気性も良く涼しい印象があります。このように部屋の模様替えをするときは、ソファなどの家具だけではなく、敷物も変えてみましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP