フローリングの上にじゅうたんを敷くことのメリット

自宅の床がフローリングの場合、歩行時に滑りやすかったり、冬場には冷たかったりして、じゅうたんを敷く家庭も多いでしょう。万が一室内で転倒するなどしたときなども、フローリングと比べてその衝撃力を和らげることができて、幼児やご高齢者がいる場合には安心することができます。それに歩行時には常に足に負担がかかってしまいますが、柔らかな素材で作られているじゅうたんの上では、衝撃も緩和され疲れにくいという利点もあります。また、特に冬場には保温効果が高く、暖かく過ごすことができます。集合住宅に住んでいらしゃる方の場合、階下への物音を響かせてしまうのが気になることも多いでしょうが、じゅうたんを敷いておくことで、音を吸収してくれますで騒音の防止にもなります。また日頃のお手入れには掃除機を使いホコリやダニを吸い取ります。湿気には弱いため、晴れた日には室内に風を通すようにすると良いです。

じゅうたんの概念を変える

じゅうたんは、頻繁に買うものでは無いです。しかし、汚れてしまったら掃除をするのはとても大変です。大きなサイズのものを綺麗にするには部分的にスプレーを使ったりするしか方法はありません。そこで、この前見つけたのは、四角いボードのようなものを繋げて自分の好きな大きさや形に出来るというものだ。とても便利だなと感じました。今まであまり無かったスタイルで使い勝手が良いと感心しました。例えば、床に何か敷きたいけど家具が置いてあって良いサイズの物は無いしな、となったときに四角いボードを並べていけば、自分の好きなところで形を変えることが出来ます。必要最低限の大きさに出来ます。何かこぼしてしまったり汚れてしまったら、その汚れた部分のボードのを外して新しいボードを一枚はめ込めば元どおりです。利便性を考えたデザインの物が増えればおのずと、じゅうたんの概念も変わるでしょう。

部屋の印象を変えるじゅうたん

インテリア雑誌によく掲載されている素敵な部屋には、ラグやじゅうたんがポイントとして、付いています。特にじゅうたんはカーテンと並んで部屋の印象を変えます。色や柄によって、その部屋のイメージが変わってくるので、とても簡単に部屋の雰囲気を変えることができます。また、マンション暮らしの場合はフローリングの場を小さなこどもがドタバタと歩くことに頭を抱えている両親がいます。実際に下の階からの苦情に困っている世帯もあります。そんな時にじゅうたんを敷くことが、クッションとなり緩和して、こうした悩みを解決することもあります。そして、この持ち味はなんと言っても直に寝転んだ時にそのふわふわした感触が気持ちいいことです。畳やフローリングとは違った暖かみを感じることが大きな理由です。いろいろな意味で利用の幅を広く考えることができます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP