じゅうたんのクリーニング

購入したら自分で洗濯機で洗うことのできない大きなものといえばじゅうたんでしょう。中には一年を通して使用しているものもあり、衛生上、不安になることもあります。見た目は清潔に見えても、目に見えないゴミや細菌などが棲みついている場合もあります。年に一度はクリーニングに出すのが良いでしょう。しかし、イメージとしてクリーニング料金が高くつきそうな気がします。ですが、一般的には、一帖あたり1000円~1500円が相場となります。想像していたよりも利用しやすい価格です。ペルシャじゅうたんなどの高級品や骨とう品のものは、高額なうえ業者により料金設定も様々ですので事前に電話などで問い合わせておくとよいででしょう。お店によっては集配サービスや宅配サービスもありますので、重いじゅうたんを持っていく手間や労力を省くことも可能です。

じゅうたんを変えてお部屋の雰囲気を変えよう

じゅうたんは、部屋の中でも面積が広いです。なので、変えることによって部屋の雰囲気を一気に変えることができるアイテムです。ですので、ぜひ部屋の雰囲気を変えたいときなどには変えて楽しんでみましょう。色を、変えるのも良いです。とくに、季節などによって色を変えることで季節感が出ます。その他にも、肌触りを変えてみるのも良いでしょう。冬は、温かいものを重視して考えていきます。温かいじゅうたんは、毛が長くて厚いものがおすすめです。その他にも、フローリングの冷たさをシャットダウンするような素材が入っているものもあります。なので、ぜひ調べてみましょう。下のじゅうたんが違うだけで、全然体温が変わってきます。電気などを、使わずに温めることができますのでとてもエコです。夏は、涼しいさらっとと肌触りのものに変えると快適です。

ベビーにはじゅうたん

マンションを始め、最近の日本の住宅は、畳というより、フローリングが主体になっています。若い世帯などは、ソファの下の足元に小さなラグを据えたり、ポイントになる様な楕円形のラグを置いたりして、フローリング生活を楽しんでいる様です。ここ数年の間で、北欧風などラフな感じのゆるい外国のインテリアが流行している流れで、あまりじゅうたんを敷いている家も少なくなってきていますが、赤ちゃんや未熟児など、小さいお子さんがいるご家庭では、固い木目調のフローリングよりは、クッション性もあるし、冬などは温かいじゅうたんを敷く事をお勧めします。やっぱりはいはいしたり、何でも口に入れたがる赤ちゃんがいると、フローリングだと衛生的にも良くないですし、頭を打って怪我をする事もしばしばです。絨毯なら、時々天日干しなども出来て、洗えるものもありますから、意外と衛生的です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP